虫歯は放置しても治りません

虫歯は、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)に潜む虫歯菌がお口の中の糖分をエサにして酸を作り出し、その酸によって歯が徐々に溶かされてしまう病気です。ごく初期の虫歯なら適切なケアを行うことで削らずに治すことも可能ですが、放っておくとどんどん進行してしまいます。風邪などのように自然に治ることはなく、「痛い」「しみる」といった症状が出たときにはかなり悪化しているというケースも珍しくありません。

放っておくと歯を失ってしまうことにつながる病気……それが虫歯です。少しでも気になる症状がありましたら、なるべく早く太田市の歯医者「ヒデ・デンタルクリニック」にご相談ください。当クリニックでは痛いところだけを治療するのではなく、総合的な見地からお口全体をトータルに診療いたします。

虫歯の原因をご存知ですか?

虫歯は、お口の中で「虫歯菌」「歯質」「糖分」という3つ条件が重なったままの状態が長く続くことで、徐々に進行していきます。そのため、虫歯菌を減らし、歯質を強くし、お口の中に糖分がある時間を減らすことが、虫歯予防につながります。

虫歯の原因をご存知ですか?

術前

術後

お口の中では、「脱灰(だっかい)」と「再石灰化(さいせっかいか)」が常にくり返されています。脱灰とは、虫歯菌が出す「酸」によって歯のミネラル分が溶け出す作用のこと。再石灰化とは、いったん溶け出したカルシウムやリン酸などが再び歯に戻っていき、脱灰した部分を修復していく作用のことです。

虫歯は、この脱灰と再石灰化のバランスが崩れることによって発症します。つまり、「歯の再石灰化」は虫歯予防の重要なカギになるのです。

また、歯の表面(エナメル質)が白濁している程度のごく初期の虫歯は、再石灰化を促すことで治癒が期待できます。間食を控えてお口の中がきれいな時間を増やしたり、キシリトール入りの食品を活用したり、歯科医院で歯のクリーニング(PMTC)やフッ素塗布を受けたりすることが、歯の再石灰化につながります。

虫歯の原因をご存知ですか?

虫歯が見当たらないのに歯がしみる場合、それは「知覚過敏(ちかくかびん)」かも知れません。知覚過敏とは、わずかな刺激に過剰反応を起こし、冷たい物がしみたり痛みを感じたりする症状のこと。歯のエナメル質がなんらかの原因で薄くなり、その下にある象牙質が露出して神経へ刺激が伝わりやすくなることで起こります。

知覚過敏の原因

  • 強い咬みしめや歯ぎしり……エナメル質が欠けたり割れたりするため
  • 歯周病……歯肉が下がることで象牙質が露出するため

放置すると虫歯につながることもある知覚過敏。虫歯と同様に、早期発見・早期治療が大切です。気になる症状がある方は「虫歯じゃないから……」と放っておかず、お早めに当クリニックまでご相談ください。

虫歯は定期検診で早期発見・早期治療を! そして虫歯になる前にしっかり予防しましょう

太田市の歯医者 ヒデ・デンタルクリニック TEL 0276-55-1184 ご予約・お問い合わせはこちら 予防重視 / 歯周病専門医 / 駐車場完備