痛む親知らずは、早めの処置が必要です

気になる奥歯の痛みは、親知らずが原因かも知れません。親知らずとは、永久歯が生えそろった後で奥歯のさらに奥に生えてくる歯のこと。人によって生えたり生えなかったり、横を向いたり斜めに生えたりすることがあります。まっすぐ生えている場合は問題ありませんが、そうでない場合は痛みや腫れをともなうので、なんらかの対応が必要になります。

親知らずを抜く場合と抜かない場合

すべての親知らずが抜歯の対象となるわけではありませんが、痛みをともなう場合は抜歯と判断されるケースがほとんどです。痛みがなくても、歯並びを乱すなどお口全体に悪影響を及ぼす可能性がある場合は抜歯の対象となります。

抜く必要がある場合 抜かなくていい場合
  • 横を向いて生えている
  • 斜めに生えている
  • 周囲の歯を圧迫して歯並びを乱している
  • 周囲の歯が虫歯になっている
  • 親知らずが虫歯になっている
  • 神経を圧迫して痛みが生じている
  • 腫れや痛みがある
  • 正しい向きにまっすぐ生えている
  • 歯みがきがきちんとできるため、虫歯や歯周病になる可能性が低い
  • 周囲の歯列に悪影響を与えていない
  • 咬み合う歯にも問題がない

太田市の歯医者「ヒデ・デンタルクリニック」では、お口の健康維持の面から親知らずを抜くべきか抜かなくていいのかを正しく判断し、必要であれば抜歯を行っています。お口の状態や親知らずの生え方は一人ひとり異なりますので、気になる方は当クリニックへご相談ください。

抜歯後に気をつけていただきたいこと

  • 抜歯した部分が気になっても、指や舌でさわらないようにしましょう。
  • 抜歯後には多少の出血があり、この血の塊が組織の再生を促します。強いうがいなどでなるべく洗い流さないようにしましょう。
  • 抜歯当日は長時間の入浴や飲酒、過激な運動などの血流を活発にするような行為はできるだけ避けてください。
  • 痛みがあっても、冷やし過ぎないようにしましょう。
  • 痛み止めや抗生物質などの処方薬は、医師の指示通りに服用してください。

抜いた親知らずは移植することもできます

虫歯などで抜歯をしなければならなくなったとき、その部分に歯を移植する治療法を「歯牙移植」といいます。その場合に使用するのは、親知らずや過剰歯などの通常の咀嚼などに関係していない歯です。「通常は不要な自分の歯」を活用して抜けた歯の機能を回復することで、拒絶反応が起こりにくく、治療の成功率が高まります。

太田市の歯医者 ヒデ・デンタルクリニック TEL 0276-55-1184 ご予約・お問い合わせはこちら 予防重視 / 歯周病専門医 / 駐車場完備