「根だけ」でも、自分の歯を残すことが重要です

歯の神経まで達してしまった重度の虫歯でも、抜歯をしないで歯の根を残すことができます。この、重度の虫歯に侵された状態から歯根を残す治療が「根管治療」です。一般的に「歯の神経を取る治療(抜く治療)」と表現される根管治療では、歯根の中の根管という細い管から虫歯に侵された神経や血管を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を充填します。

虫歯や抜歯によって歯を失うと、歯列と咬み合わせが乱れて全身の健康に悪影響を与えてしまうことがあります。根管治療は、こういった事態を避けるための重要な処置。太田市の歯医者「ヒデ・デンタルクリニック」では、歯の根だけでも残せるように丁寧かつ正確な根管治療を行っています。

こんな症状があるなら根管治療が必要かも知れません

  • 歯を咬み合わせただけでも痛む
  • 虫歯の周りの歯ぐきが腫れて痛む
  • なにもしなくてもズキズキする

このような症状があるようでしたら、虫歯はかなり進行しているといえます。悪化させて抜歯を余儀なくされる前に、できるだけ早く歯科医院にご相談ください。

神経を抜くことのデメリット

根管治療では、神経と一緒に血管も取り除きます。そのため、歯に栄養が行きわたらなくなることから次のようなデメリットがあります。

  • 歯が黒っぽく変色する
  • 痛みを感じないので虫歯に気づきにくい
  • 歯がもろくなって折れやすくなる

根管治療は重度の虫歯から歯を守るための治療ですが、上記のようなリスクもあることを覚えておきましょう。また、この治療は大変難しいため、必ず成功するとはかぎらないという点も忘れてはいけません。できれば、根管治療が必要になる前にしっかり歯を治しておきたいですね。定期検診を受診していれば、重症化する前に虫歯を発見できます。

虫歯は定期検診で早期発見・早期治療を! そして虫歯になる前に予防しましょう

拡大鏡を使用して精密な治療を行います

拡大鏡を使用して精密な治療を行います

根管は細く複雑に曲がりくねっているため、根管治療を正確に行うには、高度な技術と拡大視野が欠かせません。太田市の歯医者「ヒデ・デンタルクリニック」では、臨床経験の豊富な歯科医師が、患部を拡大して見ることができる拡大鏡を用いて精密な治療を行っています。

根管治療は中断しないでください

重度の虫歯治療である根管治療を確実に行うためには、どうしても時間や回数がかかってしまいます。しかし、通院回数が多いことから、治療を途中でやめてしまう方もいらっしゃるのが現状です。

お口の健康にとって、「治療の中断」はとても危険な行為です。とくに根管治療の過程では歯の内側や周囲に病巣が広がりやすく、途中で放置すると再発のリスクが非常に高くなってしまいます。再発すると抜歯が必要となることもあるので、治療は必ず最後まで受けましょう。

太田市の歯医者 ヒデ・デンタルクリニック TEL 0276-55-1184 ご予約・お問い合わせはこちら 予防重視 / 歯周病専門医 / 駐車場完備