歯周病は歯を失う原因の第1位です

術前

術後

歯周病は、お口の中の歯垢(プラーク)に潜む歯周病菌によって引き起こされる感染症です。歯ぐきの炎症から始まり、悪化すると顎の骨が溶かされて、やがて歯が抜け落ちてしまう病気です。初期段階では自覚症状がほとんどないことから、気づかないうちに重症化していることも少なくありません。

成人の5人に4人は、歯周病もしくは歯周病予備軍であるといわれています。高齢の方がかかる病気と思われがちですが、最近では小中学生でも見られるようになっているなど、若年齢化が顕著になっています。歯ぐきが腫れている、歯ぐきから血が出るなどの気になる症状がありましたら、なるべく早く太田市の歯医者「ヒデ・デンタルクリニック」にご相談ください。

歯周病に関することは専門医の院長にお任せください

当クリニックの院長は、県内でも数少ない日本歯周病学会認定の歯周病専門医です。歯周病専門医とは、日本歯周病学会に5年以上所属し、既定の単位を取得して審査に合格することにより得られる認定資格のこと。そのため、院長には歯周病治療の臨床経験が豊富にあります。歯周病のことなら何でもお気軽にご相談ください。

歯周病の治療期間などについて

歯周病は時間をかけて進行していく病気です。ですから治療には時間がかかり、すぐによくなるというものでもありません。そのため、患者さんの治したいという強い気持ちがとても重要になります。専門医として、患者さん一人ひとりの症状に合わせた診査・診断を行い、患者さんのご要望をふまえた治療計画を立案し、治療いたします。歯周病を治すために一緒に頑張りましょう。

歯周病が全身に与える影響をご存知ですか?

歯周病は、実はお口の中に悪影響を与えるだけの病気ではありません。歯周病菌が口腔内から血管や気管に入ることで全身をめぐると、以下のような全身疾患を招いたり悪化させたりするリスクがあることがわかっています。

糖尿病 肺炎 血栓による疾患 早産
糖尿病と歯周病には相互関係がみられ、互いの症状を悪化させることが報告されています。 唾液に含まれた歯周病菌が気管から肺に入り込むことにより、誤嚥(ごえん)性肺炎を引き起こすことがあります。 歯周病菌が血管に入ると血栓ができやすくなるので、心筋梗塞、狭心症、動脈硬化、脳梗塞などを招くことがあります。 歯周病菌は子宮の収縮に影響を与えてしまうことがあり、早産や低体重児出産を引き起こす危険性を高めてしまいます。

こういう方は要注意です

歯周病は生活習慣病のひとつと考えられています。次のような生活習慣がある方は、歯周病のリスクが高い傾向にありますので注意が必要です。歯周病予防のためには、口腔内のケアとともに、生活習慣を見直しましょう。

タバコを吸う 間食が多い

タバコを吸う

タバコの煙に含まれる有害物質が、お口の中の粘膜や歯ぐきから吸収されることにより、歯周病のリスクが高まります。

間食が多い

間食が多いとお口の中が長時間汚れた状態になるので、細菌が増殖しやすい環境を作ってしまいます。

食べ物をよく咬まない ストレスを溜めている

食べ物をよく咬まない

よく咬まないと細菌を洗い流す効果がある唾液が十分に分泌されないので、細菌が増殖しやすくなります。

ストレスを溜めている

ストレスや疲労を溜め込むと免疫力が低下し、歯周病を含むあらゆる感染症にかかりやすくなります。

歯周病の症状と治療方法

歯周病は、進行状況に応じて「歯肉炎(軽度歯周炎)」「中等度歯周炎」「重度歯周炎」の3段階に分類されます。それぞれの症状と治療法は次の通りです。

歯肉炎(軽度)
症状 症状 歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなり始め、歯ぐきに軽い炎症が起きます。歯みがきのときに出血することもありますが、痛みはまだありません。
処置・治療法 歯みがき指導 毎日の歯みがきによるケアは、歯周病治療に欠かせません。そのため、患者さん一人ひとりのお口に適した歯みがきの方法を指導します。
歯みがき指導
スケーリング 「スケーラー」という専門器具を使い、毎日の歯みがきでは落としきれない歯垢や歯石を取り除きます。
スケーリング
中等度歯周炎
症状 歯周ポケットがさらに深くなり、炎症が進行して歯を支える顎の骨にまで達した状態です。歯がグラつき始め、歯ぐきが腫れて出血も見られ、歯が浮く感じや口臭も出てきます。
処置・治療法 ルートプレーニング 「キュレット」という器具を使い、スケーリングでも除去しきれない歯ぐきの深い部分に付着する歯垢や歯石を取り除きます。その後、表面を磨いてなめらかにします。
ルートプレーニング
フラップ手術 局所麻酔後に歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くに付着している歯垢や歯石および感染した組織を除去します。処置後に歯肉を縫合します。
フラップ手術
重度歯周炎
症状 歯を支える顎の骨の半分以上が溶けた状態です。歯がグラつき、膿が出て、痛みや口臭がきつくなります。さらに悪化すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
処置・治療法
エムドゲイン法 歯周病で破壊された歯周組織の再生を促す治療法のひとつです。感染部分を切除した後、「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導材料を塗布し、切開した歯肉を縫合します。
※その他、状況に応じてGTR法による治療なども行っております。
エムドゲイン法

今受けている歯周病治療にお悩みはありませんか?

歯周病は日本人が歯を失う原因の第一位です。放置してはいけないのです。
当クリニックでは、しっかりと納得して歯周病治療を受けていただくため、
他院の医師に第二の意見を聞く「セカンドオピニオン」を積極的に行っています。
当クリニックの院長は、骨の再生治療など高度な医療も行える歯周病専門医です。
現在通院中の治療内容に不安や疑問のある方は、お気軽に当院までご相談ください。

他院に通っている患者さんのお悩みの声
[お悩み]他院で治療を受けましたが、治った気がしません。
治療をしたのに治らないという場合は、診断や治療法が合っていなかった可能性があります。当クリニックで原因を探してみましょう。
[お悩み]スケーリング(歯のクリーニング)をしてくれません。
当クリニックでは、どうしても施術できないという場合を除き、歯周病治療では必ずスケーリングを行います。スケーリングでのプラークや歯石除去は、治療内のマストであり、予防のためにも大変重要な処置です。
[お悩み]歯周病は一生付き合うものと言われたのですが。
それは間違いです。当クリニックでは、重度まで進行した歯周病患者さまにも専門医が適切な治療を行い、完治を目指します。
[お悩み]治療内容を詳しく教えてもらえません。
当クリニックでは、患者さんに最後まで安心して治療をお受けいただくため、治療を行う前に必ず治療計画(内容・スケジュール)をご説明しています。また、患者さんにご納得いただいてから治療を開始する、いわゆる「インフォームドコンセント」を実施しています。

このほか、当クリニックではどんななお悩みにもしっかりとご説明し、患者さん一人ひとりに合った治療法をご提案いたします。

歯周病は定期検診で早期発見・早期治療を! そして歯周病にかかる前に予防しましょう

太田市の歯医者 ヒデ・デンタルクリニック TEL 0276-55-1184 ご予約・お問い合わせはこちら 予防重視 / 歯周病専門医 / 駐車場完備