抜けてしまった歯……そのまま放置すると危険です

術前

術後

虫歯歯周病・外傷などで歯を失ってしまったまま放置しておくと、見た目が悪いだけでなく、歯並びや咬み合わせが乱れて全身の健康に悪影響を及ぼします。歯並びや咬み合わせの乱れはさらなる歯の喪失にもつながりますので、できるだけ早く治療を受けることが大切です。

歯を失った場合の治療法には、入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラントの3種類があります。太田市の歯医者「ヒデ・デンタルクリニック」では、患者様一人ひとりのお口の状況やご要望に合った方法をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

多くの方に選ばれている~入れ歯~

歯を失ったときの治療(補綴治療)でもっともポピュラーなのが入れ歯。入れ歯は「目立つもの」「痛くてよく咬めないもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では、快適に使える入れ歯や見た目が自然な入れ歯を作ることも可能です。当クリニックでは入れ歯の作製だけでなく、調整や修理にもきめ細やかに対応いたします。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用されるものと自費診療のものがあります。それぞれの特徴をふまえ、ご自分に合った入れ歯をお選びください。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
イメージ 保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ 金属・シリコンなどいろいろな素材が選択可能
費用 比較的安価 比較的高額
特徴
  • 入れ歯だとわかりやすい見た目
  • 厚みがあり装着感がよくない
  • 飲食物の熱が伝わりにくい
  • 咬む力が比較的弱い
  • 自然な見た目が実現
  • 薄く作れるので装着感が良好
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
  • 咬む力が比較的高い
修理・調整
  • 強度は劣るが修理がしやすい
  • 強度が高く、比較的丈夫
  • 修理・調整は難しいことがある
入れ歯は歯みがき粉でみがかないでください
入れ歯を使われている方の中には、歯ブラシと歯みがき粉で入れ歯を洗っている方がいらっしゃるようです。しかし、歯みがき粉には研磨剤が含まれているので、入れ歯の表面に細かい傷をつける恐れがあります。この傷に棲みついた細菌がお口の中から取り込まれ、健康を害してしまうことも。入れ歯の洗浄には歯みがき粉を使用せず、専用の洗浄剤を使って丁寧に行いましょう。

残っている歯にかける~ブリッジ~

失った歯の両脇に残った天然歯を削って支えにし、その上に連なった人工歯を橋渡しするように被せる治療がブリッジです。素材によっては保険適用となるので、費用が比較的安価で、かつ治療期間が短い治療法です。

ブリッジのメリット・デメリット

【メリット】

  • 固定式のため違和感が少なく、咬み心地も悪くない
  • セラミックなど保険適用外の素材を使うと、自然な見た目に仕上げられる
  • 使用素材に制限はあるものの、健康保険が適用される
  • 外科処置の必要がない

【デメリット】

  • 支台となる隣の歯を削らなければならない
  • 保険適用のブリッジの場合、金属アレルギーの心配がある
  • 抜けた歯の部分の顎の骨がやせやすい
  • ブリッジと歯肉との間に食べカスがつまりやすい
  • 多数の歯が欠損している場合は適用できないことがある

太田市の歯医者 ヒデ・デンタルクリニック TEL 0276-55-1184 ご予約・お問い合わせはこちら 予防重視 / 歯周病専門医 / 駐車場完備