銀歯を白い歯にするなら、審美歯科へご相談ください

「以前治療した銀歯が気になって、人前で口を開けられない……」というお悩みはありませんか? 会話や人前での食事を楽しめなくなってしまうような口元のコンプレックスがある方には、審美歯科治療をおすすめします。審美歯科では、金属の詰め物や被せ物を白いセラミックに取り替えることで、咬む機能を整えながら健康的で美しい口元を手に入れることができます。

なぜ銀歯はよくないのか

これまで虫歯治療で当たり前のように使用されてきた銀歯ですが、目立って見た目がよくないばかりか、歯ぐき付近に金属のラインが見えたり、歯ぐきを黒ずませたりするというデメリットもあります。しかもそれだけはなく、少しずつ溶け出した金属イオンが体内に取り込まれることにより、金属アレルギーを引き起こす可能性もあるのです。

銀歯とセラミックの違い

  銀歯 セラミック
イメージ 銀歯 セラミック
見た目 不自然で目立ちます。また、溶け出した金属イオンによって歯ぐきが黒ずむこともあります。 白さや透明感を周りの歯に合わせることができるので、自然で美しい見た目が実現します。
衛生性 表面に歯垢が付着しやすいので、虫歯や歯周病を招くリスクが高まります。 表面に歯垢が付着しにくいので、虫歯や歯周病を招くリスクを抑えられます。
周囲の歯への影響 天然歯より硬いので、咬み合う歯を摩耗させたり傷つけたりすることがあります。 天然歯とほぼ同じ硬さのものを選べるので、咬み合う歯を傷つけません。
全身への影響 金属アレルギーの原因となることがあります。 セラミックのみを使用することにより、金属アレルギーの心配は不要です。

審美歯科で取り扱う詰め物・被せ物・コアの素材

太田市の歯医者「ヒデ・デンタルクリニック」でご提供している審美歯科素材(詰め物・被せ物・コア)についてご紹介します。

オールセラミック

セラミックのみの素材で、詰め物・被せ物に加工します

【メリット】

  • 見た目が自然で審美性に優れています
  • 変色の心配がありません
  • 銀歯に比べて汚れがつきにくいです
  • 金属アレルギーの心配がありません

【デメリット】

  • 天然歯より硬いので、咬み合う歯を傷めることがあります
  • 歯を削る量が比較的多くなります
  • 強い衝撃があると欠けることもあります
美しさ ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆
ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合物で、詰め物・被せ物に加工します

【メリット】

  • 硬すぎないので咬み合う歯を傷つけません
  • 金属不使用なので金属アレルギーの心配がありません
  • オールセラミックよりも安価です

【デメリット】

  • 色調はオールセラミックよりやや劣ります
  • 経年により変色することがあります
  • 咬み合わせによっては使用できません
美しさ ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆
ファイバーコア

グラスファイバーで作られた透明感のある土台(コア)です

【メリット】

  • 被せ物の透明感を損ないません
  • 適度なしなやかさがあるので歯根を傷めません
  • 再治療が必要になった場合も除去が容易です
  • 金属アレルギーの心配がありません

【デメリット】

  • 歯の状態によっては適応できないことがあります
  • 金属のコアに比べて高価です
美しさ ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
メタルボンド

金属フレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物です

【メリット】

  • 白くて美しい見た目です
  • 中が金属なので強度と耐久性が高く、奥歯にも使用できます
  • オールセラミックより安価です

【デメリット】

  • 色調や透明感はオールセラミックよりやや劣ります
  • 金属アレルギーの心配があります
美しさ ★★★★☆ 耐久性 ★★★★★

ホワイトニングで気になる黄ばみを解消しましょう

術前

術後

「白い歯の人がうらやましい……」「歯みがきをしっかりしているのに、いつの間にか歯が黄ばんでしまった……」など、歯の色に関するお悩みはありませんか? 黄ばみの原因はさまざま。咬み合わせなどの機能性に問題がなく、沈着した色素を取り除くだけでいい場合は、専用の薬剤を用いて歯を白くするホワイトニングがおすすめです。最近では、結婚式や就職活動(面接)など大切なイベントの前に、ホワイトニングをする方が増えています。

歯が黄ばむ原因

加齢 歯の内側にある象牙質は加齢により黄色みが強くなります。また、表面のエナメル質が年々少しずつ削られて薄くなることで象牙質が透け、歯が黄ばんで見えることがあります。
飲食物 コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーといった色の濃い飲食物を日々摂取することにより、歯が着色されていきます。
喫煙 タバコのヤニが貼り付くことで、歯の黄ばみが強くなります。
虫歯 虫歯を放置していると、少しずつ黄ばんでいくことがあります。また、重度の虫歯の治療によって神経を抜いた歯は、だんだん黒っぽく変色していきます。
テトラサイクリン テトラサイクリンという抗生物質を長期的に飲んでいた方は、歯が黄ばむことがあります。この抗生物質を妊婦さんが服用すると、胎児の歯の黄ばみに影響するともいわれています。

ホワイトニングの種類

歯を削らずに白くするホワイトニング処置には、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
  • 今すぐ白くしたい方
  • イベントに間に合わせたい方

におすすめです

  • 自分のペースで白くしたい方
  • 白さを長持ちさせたい方

におすすめです

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
歯科医院にて歯を白くする方法です。高濃度の薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射することで歯の色素を分解して白くします。 歯科医院で専用のマウストレーを作り、ご自宅などでそのトレーに低濃度の薬剤を注入し、毎日一定時間装着することで歯を白くする方法です。

【メリット】

  • 1回の処置で効果を実感できます
  • 短期間で理想の白さになります
  • プロの処置のため手間がかかりません
  • 処置前に歯のクリーニングが受けられます

【メリット】

  • 白さが失われにくく、効果が長持ちします
  • 自分のペースで行えます
  • 歯への刺激が少なめです
  • 歯科医院への通院回数が少なくて済みます

【デメリット】

  • 高濃度の薬剤を使用するため刺激を感じることがあります
  • 白さを失うまでが比較的早めです
  • 1回の処置時間がやや長めです
  • 光が届きにくい奥歯は白くできません

【デメリット】

  • 白さを実感できるまでに日数がかかります
  • 毎日一定時間、続ける必要があります
  • マウストレー装着前のケアやホワイトニング処置を自分で行わなければなりません

ホワイトニングの注意点

ホワイトニング前
  • ホワイトニングの効果には個人差があります
  • 詰め物・被せ物などは白くできません
  • 抗生物質や薬剤による歯の変色には効果が出にくいことがあります
  • 口腔内の状態によってホワイトニングができない場合があります
  • 虫歯や歯周病などのお口のトラブルがある場合は、そちらの治療が優先です
  • 18歳未満の方や妊娠中の方にはホワイトニングはできません
ホワイトニング中
  • 薬剤の使用や管理については、歯科医師の指示に従ってください
  • ホワイトニング前にはしっかりと歯の汚れを落としてください
  • マウストレー装着中は、飲食や喫煙ができません
  • ホワイトニング期間中は、色の濃い飲食物の摂取や喫煙を控えてください
ホワイトニング後
  • 歯の白さを維持するために、定期的にメインテナンスを受けましょう

太田市の歯医者 ヒデ・デンタルクリニック TEL 0276-55-1184 ご予約・お問い合わせはこちら 予防重視 / 歯周病専門医 / 駐車場完備